営業時間/9:00~18:00(電話受付は24時間可能)

ブログ

ブログ

2021/02/10 時効消滅した過払金債権と相殺

最高裁平成20年1月18日の判決を受けて、取引に空白期間がある場合、同判決の判示する6要素に当てはめて、総合的に判断して事実上1個の連続した貸付取引…

2021/02/10 民法900条第4項但書の実務

  本条但書の相続に関し、この度この規定を使う相続の実務案件が舞い込みましましたので解説いたします。       事例…

2020/03/16 任意後見と法定後見 

⑴ 相続制度と成年後見制度 人が所有する財産の行く末を決する2つの法制度がある。 人の死亡に対処する相続制度と、人の判断能力に対処する成年後見制度…

2020/02/14 和解無効 (当事務所 裁判事例) 

1、和解契約について 当事務所では和解無効は得意とする分野です。 和解の確定効は、争いの目的=和解の対象となった事項にのみ生じる(大審院大正6年9…

2020/02/14 貸出停止(当事務所 裁判事例)

第1 貸出停止について 被告は貸出停止措置の主張ではなく、借主が貸出再開の可能性がなくなったことを認識したことを立証する必要がある 「仮に、貸出停…

2020/02/14 訴訟代理権と書類作成権限(当事務所 裁判事例)

本件の訴訟を提起しているのは原告本人であり、司法書士は原告本人から依頼を受けた書面作成者であり、送達受取人である 我が国の民事訴訟法は弁護士強制主…

2020/02/13 充当の合意(1つの基本契約と空白期間) 当事務所裁判事例

  1、被告の主張について 原告と被告は甲1号証の平成7年1月27日より以前に被告営業所においてリボルビング方式の基本契約を交わした。本件基…

2020/02/13 悪意の受益者 当事務所 裁判事例

  第1  悪意の受益者について 任意の支払いとは貸金業の規制等に関する43条1項、3項は法17条1項各号に掲げる事項についてその契約の内容を明…

2020/02/13 期限の利益喪失 当事務所 裁判事例

  第1 期限の利益喪失について 最高裁判所では期限の利益喪失後の利息又は損害金の判断について三つの主要な判断が下されている そのうち、最高裁平…

2019/08/06 アイフルに対する過払い金請求

アイフル株式会社は京都市に本社を置く東証一部上場の企業です。アコム、プロミス、レイクなどの消費者金融が銀行の傘下に入り、武富士が倒産した現在において…

2019/08/06 相続分の譲渡

「相続分の譲渡」とは、譲渡相続人が、遺産に対するその有する割合的な持分を譲受人に移転することです。 この場合譲渡の譲受人が他の相続人である場合と、他…

2019/08/02 遺産分割の方法

遺産分割の方法には⓵現物分割、⓶換価分割、⓷代償分割があります ⓵現物分割とは被相続人の所有する財産を形を変えないでそのまま、相続人が分割する方法です。 …

TOP